So-net無料ブログ作成

撞木館訪問 [散歩]

この記事は、2008年に下書きしたまま、
何となく埋もれていた記事です。
ブログ引っ越しを前に5回にわたってアップします。

東区に、文化のみちと呼ばれる昔のお屋敷街があり、
その中でいくつかの邸宅は、公開されています。
この撞木館もそのひとつです。
IMG_5833.jpg

陶磁器輸出で財をなした井元為三郎氏のお屋敷で、
大正末から昭和初めにかけて作られたそうです。
IMG_5914.jpg

IMG_5897.jpg

IMG_5911.jpg

洋館の部分と和風建築の部分があります。
nice!(41)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 41

コメント 8

ナツパパ

趣のある建物ですねえ。
洋館と和風の建物が一緒、というのはこの時期の特徴ですね。
ふだんは和風の建物で暮らしていらしたんでしょうかね。
by ナツパパ (2011-05-11 08:54) 

はくちゃん

おはようございます
趣がありますね
歴史を感じます
引っ越しされるんですか?

by はくちゃん (2011-05-11 09:01) 

gop

30年前はこの界隈に立ち入る事さえままなりませんでした。
観光地の少ない名古屋、苦肉の策って所でしょうか。
by gop (2011-05-11 12:45) 

夏炉冬扇

今晩は。
和風の離れ、ぞくぞくするほど素敵です。
by 夏炉冬扇 (2011-05-11 19:01) 

しおつ

味のある建物はどんどん減っていくので
いつまでも残して欲しいですね。
by しおつ (2011-05-11 19:59) 

Baldhead1010

2008年物ですか。
プレミアが付いてますね。
by Baldhead1010 (2011-05-12 05:05) 

駅員3

大正から昭和にかけて、多く見られる家屋と思いますが、こんな『モダン』な家に住んでみたいですね!
by 駅員3 (2011-05-12 06:40) 

sonic

名古屋にこのようなお屋敷街があるとは全く知りませんでした。
とても興味をそそられます。続きも楽しみです。
by sonic (2011-05-12 10:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。