So-net無料ブログ作成

home [音楽]

今日は、気温は暖かいものの、
風が強くて寒い日でした。
そんな時、この曲を聴くと心が温まります。

木山裕策さんの歌う「home」です。
愛する子供と公園で手を繋いでいて、
ぎゅっと握りしめられたことから、
全身大きな幸せに包まれ、
子供への思いから、自分の両親への感謝にまで思いを馳せる、
そんな日常の感動を熱唱します。

IMG_0001.jpg

family communication 愛のテーマになっていて、
もう何回も聴いています。
子供からは、「またこの曲」と言われ始めていますが、
ボクもこの曲好きだよ。
とも言ってくれてます。

岡崎ジャズストリート2008 [音楽]

昨日は、岡崎までjazzを聴きに行きました。
IMG_8888.jpg

街中の市民会館や銀行ロビー、証券会社の会議室など17会場と、
商店街などで一斉にjazzを聴くことが出来ます。
昼間なので、子供も連れて行ってしました。
生の迫力ある演奏に、それなりに感銘を受けたようです。
IMG_8870.jpg

また、路上ライブや大道芸人のパフォーマンスも各所で見られ、
お祭り気分を盛り上げていました。
IMG_8889.jpg

ふだんあまりjazzを聴かない妻も、
迫力あるドラムや、すてきなボーカルに、
よかったと言っています。

特に、伊藤大輔さんというシンガーには、
ソフトで声量のある魅力的な方だったので、
CDを購入させていただいたところ、
時間のない中、サインや記念撮影にも応じていただき、
大へん感激しました。
http://daisuke-ito.net/


辻井伸行さんに感動 [音楽]

たまたま朝テレビをつけたら「題名のない音楽会」が映った。
背の低い若者が出ている。
どうやら目が不自由なようだ。
ピアノに向かう。
スティービー・ワンダーを連想する。
IMG_5618.jpg

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番第3楽章の演奏が始まる。
長い指で、超絶技巧がふんだんに盛り込まれているという名曲を、力強く弾いていく。
終盤、左右の腕が交差し、
目にとまらぬ速さで、指が鍵盤を行き交う。

IMG_5642.jpg
曲が終わる。
感動がおそってきた。

いま、19歳の才能、
この人とは長いつきあいになりそうだと感じる。


debut

debut

  • アーティスト: 辻井伸行,ショパン,リスト,ラヴェル
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング
  • 発売日: 2007/10/24
  • メディア: CD



ちょっと多忙な日々 [音楽]

このところ、体調不良に仕事の多忙が重なり、
自分のページの更新どころか、
他の方のページ訪問も滞りがちで申し訳ありません。

休みには、音楽を聴いてリラックスしてます。
すばらしいバイオリンをさりげなく聴かせてくれる
このアルバムがお気に入りです。

Vengerov and Virtuosi

Vengerov and Virtuosi

  • アーティスト: Antonio Bazzini, Johannes Brahms, Antonin Dvorak, Aram Khachaturian, Jules Massenet, Vittorio Monti, Ottokar Novacek, Manuel Ponce, Sergey Rachmaninov, Franz Schubert, Pyotr Il'yich Tchaikovsky, Vag Papian, Maxim Vengerov
  • 出版社/メーカー: EMI
  • 発売日: 2001/08/14
  • メディア: CD


第9を聴いてしまった。 [音楽]

クラシックを普段あまり聴かないほうですが、
何気なく第9を聴いてしまいました。

iTunesStoreで、こういうのを見つけました。

Beethoven: Symphonies
(Harnoncourt Anniversary Box)
Chamber Orchestra Of Europe & Nikolaus Harnoncourt
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?id=89542748&s=143462

このアルバム、シンフォニー全9作品プラスアルファのボックスセットで、
なんと1,500円です。
0ひとつ付け間違いかと思ってしまいます。

昨晩、寝るまえに聴いたのですが、
何だか興奮してしまいました。
クラシックでこういう気分は初めてかもしれません。

年末に第9は、日本だけの習慣らしいですが、
年に一度くらい、あわただしい日常を忘れて、
心を落ち着かせ音楽を聴くのも、
いいことだと思います。

さて、今朝は、こちら。

Beethoven: The Piano Sonatas
(Complete Beethoven Edition Vol. 5)
Wilhelm Kempff
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?id=152338695&s=143462

ピアノソナタを130曲以上集めたセットです。
朝聴きますと、すがすがしい気分になります。

ちなみに、これも1,500円です。
他にもセットもの1,500円がいくつもあるようです。
何かの間違いかもしれないので、
早めのご購入をお勧めします。


大隅寿男さんライブ [音楽]

先日、ジャズ・ドラマー大隅寿男さんのライブに行ってきました。
2度目です。

スタンダードナンバーがほとんどで、分かりやすく楽しませてくれます。
ベテランの余裕のある演奏なので、安心して身を任せる感じです。
それでも、即興の掛け合いは熱が入って、のりのりのライブでした。

ピアノの安井さち子さんが繊細かつ大胆な演奏を聴かせてくれました。

マイ・ウィル

マイ・ウィル

  • アーティスト: 安井さち子, 井上陽介, 小山太郎
  • 出版社/メーカー: エム アンド アイ カンパニー
  • 発売日: 2006/01/18
  • メディア: CD


今宵jazz vocal [音楽]

最近気に入って聴いているのが、ciara adamsです。
カナダ生まれで、オペラやミュージカルをやっていたそうです。

このアルバムはライブで、ジャズ中心ですが、
ちょっとミュージカル風やシャンソンぽい選曲もあります。
艶のある張りのある美声を聴かせます。
(音楽の良さを文字で表現するのって難しい)

何と言ってもジャケットがgood!

iTunesStoreで試聴できます。
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?id=66176232&s=143462


大隅寿男さんライブ(ジャズ) [音楽]

昨日、知人の紹介で、ジャズドラマー、大隅寿男さんのライブに行ってきました。

ネイチャーボーイ、ヒア・ゼア・アンド・エブリフォエアー、明日に架ける橋と言った、
親しみやすい曲を、
繊細かつ熱い演奏で、聴かせてくれました。

何度も知人に挨拶に来られて、
その時一緒に自分も握手して挨拶してくださった。

60歳を超えているようには見えない、
ダンディーで、力強くて、繊細でやさしくて、
とにかく魅力的な人だったので、
いっぺんに、ファンになりました。

最新アルバムです↓

NEW DEAL

NEW DEAL

  • アーティスト: 大隅寿男, 秋田慎治, 安ヵ川大樹, 太田剣, 近藤和彦, 納谷嘉彦, 井上陽介
  • 出版社/メーカー: エムアンドアイカンパニー
  • 発売日: 2007/05/16
  • メディア: CD


中森明菜D404ME [音楽]

iTunes Storeにワーナーが登場と言うことで、
第1弾は、絢香さんでしたが、
第2弾は、中森明菜さんがいよいよ登場です。

中森明菜「D404ME」
(だしおしみ、と読ませるそうです)
自分としては、中森明菜のこの頃のアルバムが最高です。

曲がいい。
曲に変化がある。
編曲もうまい。

収録曲(wikipediaより)
 ENDLESS 作詞: 松本一起、作曲: 大貫妙子、編曲: 井上鑑
 ノクターン 作詞・作曲: 飛鳥涼、編曲: AKAGUY
 アレグロ・ビヴァーチェ 作詞: 三浦徳子、作曲・編曲: 後藤次利
 悲しい浪漫西 作詞: 許瑛子、作曲: 都志見隆、編曲: 中村哲
 ビ・ア・ス 作詞: 岡田冨美子、作曲: タケカワユキヒデ、編曲: 中村哲
 BLUE OCEAN 作詞: 湯川れい子、作曲: NOBODY、編曲: 久石譲
 マグネティック・ラブ 作詞: epo、作曲: 大貫妙子、編曲: 清水信之
 STAR PILOT 作詞: ちあき哲也、作曲: 忌野清志郎・小林和生、編曲: 後藤次利
 モナリザ 作詞: 竹花いち子、作曲・編曲: 後藤次利
 ミ・アモーレ〔Meu amor e…〕 (INCLUDING SPECIAL VERSION) 作詞: 康珍化、作曲・編曲: 松岡直也

何より、声が出て、はっきりした歌い方をしている。

後期の、ぼそぼそ歌うのは、好きでないんです。

http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?id=167347378&s=143462


外で音楽&ビール [音楽]

音楽祭をやっている栄へ行って、少し音楽を聴いてきました。
キューバのソン(BUENA VISTA SOCIAL CLUBの音楽)をやっているドスキゼオスと、
柳ジョージさんの味わいのある歌声が良かったです。

普通の公園が会場だったので、
自分は、ビールを飲み音楽に浸っている間、
子供は滑り台とかで遊び、
妻はそれを見守っていました。

写真は、公園の片隅の花です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。